プリント基板やタッチパネルなど向けの化学材料メーカーである太陽ホールディングスは、「セルロースナノファイバー(CNF)」と呼ぶナノサイズのセルロースを電子部品用絶縁材料に使う技術を開発した。CNFは植物の繊維をナノレベルまで解きほぐしたもので、最も細いものは直径約3nm。軽量かつ高強度であることが特徴で、例えば鉄に比べると重さは5分の1程度で強度は5倍程度という。また、熱膨張率がSiと同等と低い。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!