マツダでパワートレーン開発を主導する人見光夫氏(同社常務執行役員)は、「実燃費に基づくエンジン開発を進めていく」方針を示した。自動車燃費では、ドイツVolkswagen社の排ガス不正問題をきっかけに、燃費性能試験での「モード燃費」と実走行で測定した「実燃費」の乖離が大きな話題になっている。人見氏は、同社が開発するエンジンではこの乖離が小さいと主張。サイバネットシステムが2015年12月3日に開催した講演会で述べた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!