東京工業大学と朝日工業社、タツモは、共同で密閉型植物生態測定装置「SRP-450」を開発し、農業生産技術などの展示会「アグロ・イノベーション 2015」(2015年11月18~20日、東京ビッグサイト)で展示している。主に植物工場のレシピ開発に向けたもので、作物の生体情報を定量的に再現性よく観察するための基本の実験環境となる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!