フジプレアムの追尾式架台システム
(出所:フジプレアム)
[画像のクリックで拡大表示]
PVG Solutionsの両面発電型太陽電池を採用したパネル
(出所:フジプレアム)
[画像のクリックで拡大表示]

 フジプレアム(兵庫県姫路市)は10月13日、追尾式架台システムと両面発電型太陽電池を使った積雪地域向けの太陽光発電システムの実証事業が、北海道庁と札幌市による支援事業に採択されたと発表した。降雪時にパネルを垂直にすることで積雪を防ぎ、両面発電型太陽電池によって発電量を最大化する。

 フジプレアムの追尾式太陽電池システムとPVG Solutions(横浜市港北区)の両面発電型太陽電池を組み合わせる。北海道庁「平成27年度・環境・エネルギープロジェクト形成促進事業」と札幌市「札幌型環境・エネルギー技術開発支援事業」に採択された。札幌市内に設置して、年間設備利用率20%を超えること実証することで、積雪寒冷地の再生可能エネルギーの利用を促進することが目的。

 追尾式架台システムを制御することで、積雪時に太陽光パネルを地面に対して垂直方向に立てた状態にし、パネル面への積雪をゼロに抑える。両面発電型太陽電池を採用したパネルは、垂直時でも両面で発電するため、発電ロスを抑えられる。発電量の最大期待値は、従来システムの1.68倍を想定しており、年間設備利用率21.8%を目指す。

 実証事業のコンソーシアムには、フジプレアムとPVG Solutionsのほか、北海道科学大学(札幌市手稲区)、KITABA(札幌市北区)が参加する。今年度中に北海道科学大学の敷地内にシステムを設置し、実証を開始する。