トヨタ自動車は2015年10月14日、「トヨタ環境チャレンジ2050」を発表した。持続可能な社会の実現に向けて同社が目指す方向性をまとめたもので、「新車CO2(二酸化炭素)ゼロチャレンジ」「ライフサイクルCO2ゼロチャレンジ」「工場CO2ゼロチャレンジ」「水環境インパクト最小化チャレンジ」「循環型社会・システム構築チャレンジ」「人と自然が共生する未来づくりへのチャレンジ」といった六つの項目から成る。

トヨタ自動車会長の内山田竹志氏
「トヨタ環境チャレンジ2050」を発表するトヨタ自動車会長の内山田竹志氏
[画像のクリックで拡大表示]

 このうち、走行時のクルマのCO2削減に関するものが、新車CO2ゼロチャレンジである。2050年にグローバルで販売する新車の平均のCO2排出量を2010年比で90%削減することを目標に据える。その実現に向けた当面の目標としては、FCV(燃料電池車)の販売台数を2020年ごろ以降に世界で年間3万台以上、日本では月間で少なくとも1000台レベル(年間で1万数千台程度)を掲げる。また、FC(燃料電池)バスを2016年度中に東京都を中心に導入開始し、2020年開催の東京五輪・パラリンピックに向けて100台以上の導入を目指して準備を進める。さらに、ハイブリッド車(HEV)の販売台数を2020年までに年間150万台、累計で1500万台に伸ばすという。新車平均のCO2排出量の2020年の目標値は2010年比で22%以上の削減とする。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!