2017年10月中旬、この連載の読者で福岡県在住の3人の技術者と話す機会があった。彼らは異口同音に、「どうしたらイノベーションを活性化できるだろうか」を真剣に筆者に尋ねてきた。それを聞いて、彼らの思いが会社にうまく伝わっていないように筆者には思えた。

 こうしたケースは、意思疎通の不備が大きな原因になっていることが多い。そこで、今回は変革の思いを実現するためのコミュニケーションをテーマとする。具体的には、変革への熱い思いをぶつけた相手が、その変革が妥当だと腹落ちするように働きかける方法を紹介したい。

自分自身との会話で考えてみる

 冒頭で紹介した3人を、ここでは「志の三銃士」と呼びたい(図1)。自社のイノベーションの活性度を向上させなければならない、という使命感に燃えているからだ。彼らのように、自分たちの思いがうまく会社に伝わらないという悩みをしばしば耳にする。

図1 志の三銃士
変革に燃えた戦士の真の顔は、愛情に溢れている。(イラスト:大久保孝俊)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら