今回は、「Can Utilize(使うことができる)」システム、およびそれを構成する仕掛けを説明する(図1)。同システムは、イノベーションを育む企業文化を構築するCan RUBシステムの中の2番目のシステムだ。

図1 「Can RUBシステム」の2番目のシステムは「Can Utilize(使うことができる)」
「Can RUBシステム」において、「Can Recognize(気づくことができる)」システムで気づいたことを業務に使えるようにするシステムが、「Can Utilize(使うことができる)」である。気づいても使えなければ宝の持ち腐れになってしまう。
[画像のクリックで拡大表示]

 前回(2016年10月号)は、Can RUBシステムの1番目として「Can Recognize」システムを紹介した。これが有効に機能し、価値ある情報に「気づくことができた」としても、その情報を使わなければ、宝の持ち腐れとなる。「気づく」だけにとどまらず、実際に「使う」につなげる仕掛けが必要だ。そのためのシステムがCan Utilizeである。

 Can Utilizeには、後述する4つの仕掛けが組み込まれている。ただし、この4つの仕掛けを使いこなすには大きな前提がある。それは、「満たされている状況では変化を好まない」という人間の本質を突き崩すことだ。これは経営者にしかできない。Can Utilizeに入る前に、前提となる、経営者による社員の意識改革について説明したい。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら