イノベーションには多様なアイデアが必要となる。アイデアは斬新であれば斬新であるほど効果的だ。こうしたアイデアを全く努力なしで、まるで「神の啓示」を受けるように手に入れることができたら、どれほどありがたいか。こんな願望は誰でも持っていることだろう。今回はアイデア創出がテーマである。

 まず用語を説明したい。アイデアの創出では「がんばり」と「ぼんやり」が鍵になる(図1)。ここでは、「がんばり」とは意識的な脳の活動、「ぼんやり」とは無意識的な脳の活動と定義する。今回紹介するアイデアの創出法は、進化の成果として我々の脳に備わっている無意識下の働きを活用した「ぼんやり」効果の活用が主題となる。それを下記の項目に沿って考察していく。

図1 「がんばり」と「ぼんやり」
イラスト:大久保孝俊
[画像のクリックで拡大表示]
  • [1]「ぼんやり」時に働くデフォルト・モード・ネットワーク(Default Mode Network、以下DMN)の発見
  • [2]意識下の「がんばり」効果と記憶のメカニズム
  • [3]無意識下の「ぼんやり」効果とひらめきのメカニズム
  • [4]GBH(Ganbari、Bonyari、Hirameki)サイクルによる「ひらめき」の設計

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら