今回は、「イノベーションの設計図 個の設計編」の2番目の項目である「情熱を伝える力量」を解説する(図1)。この力量は、前々回(2017年4月号)と前回(同5月号)で解説した1番目の項目「『人を動かす』ための資質」をベースとした上で、さらにコミュニケーション能力を高めることが重要となる。コミュニケーション能力が不足していては、情熱を伝えることはできない。

図1 イノベーションの設計図 個の設計編
[画像のクリックで拡大表示]

 そこで、人と人とのコミュニケーションにおいて、脳の中で何が起きているかを、前回紹介した「Fire together, wire together(共に発火すれば、共につながる)」1)の観点からまず説明する。後半では「情熱を伝える力量」の中身を詳しく見ていく。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら