前回(2017年1月号)、「規律」「自由」「自主性」で構成される行動規範を社内に根づかせることの大切さを示し、まずは「規律」に対する「変わらないトップマネジメントの姿勢」の指針について説明した。今回は、「自由」に対しての「変わらないトップマネジメントの姿勢」の指針を取り上げる(図1)。まずトップマネジメント自らが確保すべき自由を紹介し、次に技術者(社員)に対して確保すべき自由について説明する。

図1 「規律の基盤の上で自由を発揮する自主性の概念図」(左)と「変わらないトップマネジメントの姿勢」の指針(右)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら