「FAとITを協調させる日本発のオープンなプラットフォームを目指す」─。アドバンテック(本社東京)、オムロン、NEC、日本アイ・ビー・エム、日本オラクル、三菱電機の6社は、産業向けエッジ・コンピューティングを推進する「Edgecross コンソーシアム」を設立した(図1)。工場のIoT(IIoT:Industrial Internet of Things)化を進めるに当たり、複数メーカーの機器・設備が混在するマルチベンダー環境でのエッジ・コンピューティングを推進するための共通基盤(プラットフォーム)となるソフトウエアを開発・提供する。

図1 コンソーシアムに参加する6社の代表ら
左から、アドバンテック社長のマイク小池氏、オムロン執行役員副社長の宮永裕氏、NEC執行役員の松下裕氏、日本IBM常務執行役員の松永達也氏、日本オラクル執行役員の竹爪慎治氏、三菱電機常務執行役の宮田芳和氏。右端はコンソーシアムの顧問を務める東京大学名誉教授の木村文彦氏。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら