「SUBARU(スバル)」ブランドの自動車メーカーとしてのイメージが強い富士重工業(以下、富士重工)。2017年4月には社名自体も世界的に知名度が高いSUBARUへの変更を予定する。そんな同社のもう1つの事業の柱が航空機事業*1で、主力は米Boeing社の旅客機「777」「787」向けの大型部品だ*2

*1 航空機事業の2016年3月期の売上高は1528億円、営業利益は182億円に達する。富士重工全体の連結売上高に占める比率は5%と小さいものの、成長を続けている。

*2 この他に防衛庁向けの戦闘ヘリコプター「AH-64D」や多用途ヘリコプターの「UH-X」の生産・整備と無人機の開発も手掛ける。

 富士重工はこのほどBoeing社の次世代旅客機「777X」向けの部品を製造する予定の半田工場(愛知県半田市)を報道陣に公開した(図1、図2)。777向け、787向けに続く3棟目となる組み立て工場で、建築面積は1万1600m2に達する。2017年からの生産開始を予定している。

図1 富士重工業の半田工場
左側の手前の建物が777X向けの中央翼を組み立てる新工場。組み立てた中央翼は隣接する港から海上輸送する。
[画像のクリックで拡大表示]
図2 B777X向けの新しい組み立て工場の内部
装置の据え付けは段階的に始まっており、自動打鋲機のテストなどを既に実施している。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら