日産化学工業は、平面の1方向のみに熱を伝える「異方性高熱伝導 電気絶縁 放熱シート」を開発、2017年10月3~6日に開催された展示会「CEATEC JAPAN 2017」に参考出展した(図1、2)。熱伝導性フィラーとして、従来製品でよく使われる粒子ではなく、セラミックスナノファイバーの一種である、アルミナファイバーを利用して実現した。スマートフォンなどの携帯機器での熱対策などを用途として想定する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら