設計開発支援や技術者派遣などを手掛けるプログレス・テクノロジーズは、名作漫画「北斗の拳」の全巻を収めたブック型の電子書籍端末「全巻一冊 北斗の拳」を開発。2017年10月3〜6日に開催された展示会「CEATEC JAPAN 2017」で試作品を一般に披露した。ブースに行列ができる人気で「会期中に4000人以上が試読した」(開発を主導した同社取締役の小西享氏)

 E Ink Holdings社の電子ペーパーを2枚使い、見開きで表示する。本を開くと電源がオンになり、2ページに渡る表現も紙媒体と同様に楽しめる(図1)。紙への印刷と同等の300dpiの高精細で表示でき、画像切り替えスピードは1秒以下で電子ペーパー端末としては「世界最速」とする。操作はページ送りと巻送り、言語切り替えの4つのボタンだけとシンプルだ。

図1 プログレス・テクノロジーズが開発したブック型の電子書籍端末「全巻一冊 北斗の拳」
2枚の電子ペーパーを見開きで配置、2ページ分使った迫力あるコマも再現できる。画像の精細度や切り替え速度にもこだわった。 (CEATEC会場にて撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 9月中旬に国内でもサービス開始したクラウドファンディング大手の米Kickstarterに出品中で、10月13日時点で2000万円以上の資金調達と770冊以上の予約を確保する人気になっている。数量限定の早割価格は2万8000円(税込、送料込)、通常価格は3万8700円(税込)。発送は2018年2月末を予定する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら