クルマも3Dプリンターで造る時代に─。そんな次世代のものづくり像をホンダが示した。2016年10月4~7日に開催された「CEATEC JAPAN 2016」(幕張メッセ)で、同社は外装部品を3Dプリンターで製造した小型電気自動車(EV)を展示したのだ(図)。

図 3Dプリンターで造った小型EV
ホンダの「MC-β」を豊島屋向けにカスタム設計した。今後は、公道での走行を通じて一層の改良を進めるという。
[画像のクリックで拡大表示]

 この小型EVは、「鳩サブレー」などで有名な菓子メーカーの豊島屋(本社神奈川県鎌倉市)向けにホンダの「MC-β」をカスタム設計したもの*1。サイドドアなどは流用したが、カスタム設計した外装部品は全て3Dプリンターで造った。荷室を豊島屋向けに最適化したり、豊島屋のロゴや鳩の意匠を外装部品にあしらったりと、豊島屋の個別要求に応えた。設計や製造は、3Dプリンティングサービスを運営するカブク(本社東京)が手掛けた*2

*1 今回はあくまで共同開発という位置付けであり、販売に向けた具体的な計画はまだ決まっていないという。
*2 カブクが3Dプリンティングサービス向けに構築した、複数の協力工場から成る「デジタル製造工場ネットワーク」を活用した。3Dプリンターは、米国とイスラエルに本社を置くStratasys社の「Fortus 900mc」と「同450mc」を使っている。素材は、アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)樹脂。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら