リチウム(Li)イオン2次電池の製造と言えば、工程の大半は電極づくり─。この常識を覆す電池が登場しそうだ。三洋化成工業が商業化を検討していることを明らかにした新型Liイオン2次電池がそれだ。

 従来のLiイオン2次電池は、金属箔に電極材をスラリーにして塗布し、乾燥、加圧する工程によって電極構造を形成する。これに対し、新型Liイオン2次電池は電極構造体および集電体、セパレーターのすべてを樹脂で構成できるのが最大の特徴。そのため、フレキシブルな電池を作製したり、電極の面積を容易に大型化でき、大きなセルを実現したりすることが可能だ。同社ではウエアラブル機器や定置用大型蓄電システムといった用途での商業化を狙う。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら