「タイを将来に向けて大変革させるキーワードは『デジタル』と『ICT(情報通信技術)』」。2016年9月、タイ・バンコクで開催された「アジアものづくりカンファレンス」において、タイ情報通信技術省副大臣のPansak Siriruchatapong氏はこう語った(図1)*1

*1 主催は、日経BP社と海外産業人材育成協会(HIDA)、HIDAタイ同窓会。
図1 タイ・バンコクで開催した「アジアものづくりカンファレンス」
(a)第3回となる2016年度のテーマは「Factory Innovation」。220人超が参加した。(b)タイ情報通信技術省副大臣のPansak Siriruchatapong氏。
[画像のクリックで拡大表示]

 同カンファレンスのテーマは「Factory Innovation」。東南アジアにおける「ものづくりの盟主」タイが、今後もその地位を維持、さらに発展させるためには、どんな「革新」が必要になってくるのか。タイのローカル企業と日系企業が一堂に会して考えた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら