DMG森精機と日本マイクロソフト(本社東京)は2016年9月9日、工作機械などの制御システムにおけるセキュリティーを中心としたスマート工場の実現で技術協力すると発表した(図1)。インターネットを利用した海外の工場との通信や、クラウド上の外部サーバーを利用した大規模解析の実現などによって工場のスマート化を拡大する。

図1 DMG森精機と日本マイクロソフトの提携
DMG森精機取締役社長の森雅彦氏(左)と日本マイクロソフト執行役員会長の樋口泰行氏。
[画像のクリックで拡大表示]

 両社は、新しい工作機械だけでなく、既存の工作機械に向けてもセキュリティーを強化するデバイスの開発を進め、2017年春から市場へと投入する予定だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら