なぜ鉄道会社と複合機メーカーの研究所が手を組むのか──。

 2016年7月、東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)に対して、電車のドアやレールのメンテナンス作業の効率化を実現する技術を提供することを公表した米Xerox社のPalo Alto研究所(以下、PARC)が注目を集めている。

 意外な組み合わせに思えるが、PARCはXerox社向けだけではなく、外部の企業や公的機関からさまざまなテーマの研究開発を請け負っている。

 JR東日本に対して、PARCが提供するのは、「Hybrid Condition-Based Maintenance(CBM)」と呼ばれる技術。人工知能(AI)の機械学習の技術を使い、電車のドアやレールの状態を撮影した画像など、膨大なデータを解析して故障につながる異常を検出する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら