「お客様を満足させるEVはそう簡単には造れない」─。日産自動車が開発した電気自動車(EV)の2代目新型「リーフ」(図1)。現行のエンジン車やハイブリッド車などと比べて「EVは簡単に造れる」という声がある。この意見に対し、新型アクセル機能「e-Pedal」の開発者(以下、開発者)と電池制御の技術者(以下、技術者)が商品性の高い量産車型EVを造る難しさを語った。

図1 EVの新型「リーフ」
[画像のクリックで拡大表示]

 まずはe-Pedalの開発者に聞いた。

よく、「EVは簡単に造れる」と言われる。「似たような感じのクルマになるため、EVでは差異化は難しい」という言葉も聞く。こうした意見をどう思うか。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら