工作機械と産業用ロボットが活況に沸いている。工作機械では業界団体と業界誌のそれぞれが2018年の受注総額を共に1兆7000億円と予測。2年連続で過去最高を更新する見込みだ。日本ロボット工業会も2018年に受注総額が初の1兆円超えするとの予測を公表した。

 工作機械の受注予測は日本工作機械工業会(日工会)とFA業界誌を発行するニュースダイジェスト社(本社・名古屋市)が発表したもの。日工会は2018年1月11日に都内で開いた会合で、ニュースダイジェスト社は同月12日に名古屋市内で開いた同社主催の会合で発表した。

図 国内工作機械メーカーの受注総額が2年連続で過去最高更新へ
国内工作機械メーカーの受注総額の推移。2016年までは日本工作機械工業会統計、2017年と2018年はニュースダイジェスト社推定値で作図した。写真は日本工作機械工業会の飯村幸生会長。(出所:ニュースダイジェスト社)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら