今後は電気自動車(EV)の開発に力を入れる─。そんなトヨタ自動車とマツダの変身が注目を集めている。

 エコカーに関しては、トヨタ自動車はハイブリッド車(HEV)と燃料電池車(FCV)の量産で先行しており、マツダはガソリン車やディーゼル車などの技術革新で業界をリードしてきた。両社ともプラグインハイブリッド車(PHEV)を開発するものの、EVにはあまり力を注いでいないとみられていた。だが、ここに来てそんな姿勢を変化させている。

 2016年11月17日、トヨタ自動車は、EVの開発を担う新たな社内ベンチャーを立ちあげると発表した。トヨタ自動車、豊田自動織機、アイシン精機、デンソーの各社から1人ずつ、計4人が参加して、2016年12月に発足する。

 EV開発は、グループで協力して、小さな組織で従来と全く異なる仕事の進め方をすることでスピードを高め、商品を早期に投入する。

 「中期的にはFCVとEVの2つのゼロエミッションのクルマに取り組む。両方の特徴をそれぞれ生かして、国や地域ごとのエネルギーの課題の解決に貢献したい」─。2016年11月8日に開催した2016年4~9月期の決算発表の場で、トヨタ自動車取締役副社長の伊地知隆彦氏はこう強調した(図1)。

図1 トヨタ自動車取締役副社長の伊地知隆彦氏
FCVに加えて、EVにも力を入れることを明らかにした。

 中期的には、まず近距離移動では実質的にEVとして利用できるPHEVに力を入れる。新型「プリウスPHV」を2016年中に発売するのに加え、2018年には「カローラレビン」のPHEVを投入する(図2)。「足元では内燃機関のクルマとHEVに相当なウエートで投資しているが、時間が経つにつれて、PHEVやFCV、EVへと軸足を移していく」(伊地知氏)。

図2 新型「プリウスPHV」
EVとしての最大航続距離は60kmに達する。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら