電気自動車(EV)の米Tesla Motors社(以下、Tesla社)と宇宙ロケットの米SpaceX社の2社で最高経営責任者(CEO)を兼任するElon Musk氏。世界的に注目を集める起業家である同氏が3つの試練に直面している。

図1 SpaceX社の宇宙ロケット「Falcon 9」
燃焼試験のための燃料を充填する際に爆発事故を起こした。
[画像のクリックで拡大表示]

 まずSpaceX社の宇宙ロケット「Falcon 9」が2016年9月1日に爆発事故を起こした(図1)。Falcon 9は米フロリダ州のケープカナベラル空軍基地の発射場で燃焼試験に向けて燃料を充填中に突然爆発した。

 この原因究明が難航している。「原因は調査中だが、この事故は(SpaceX社を創業してからの)過去14年間で最も困難で複雑な失敗であることが判明した」。事故から1週間あまり経った同年9月9日、Musk氏はこうコメントした。

 2段目ロケットの酸素燃料タンクの付近から爆発したとみられるが、「燃料を充填中で、エンジンは点火しておらず、明らかな熱源は近くになかった」(同氏)という。まさに謎の事故で「映像でも音声でも写真でも何か情報があれば、SpaceX社まで送ってほしい」。Musk氏はツイッターでこう呼びかけたほどだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら