「A4判を半分にしても、A5判にはならない」。

 従来の裁断機は切り取る大きさを指示する方法が主流で、A4判からA5判を切り取っても、残った紙の短辺が1mm短くなってしまう。この課題を解決し、正確な半切り(紙を半分に切ること)を簡単に実現できるのが、プラス(本社東京)が2017年2月に発売した手動裁断機「ハンブンコ」だ(写真)。

 刃を取り付けたハンドルを紙に押し付けながらレールに沿って動かすタイプの裁断機だが、半切りのために3つの工夫を盛り込んだ。その1つ「3角マット」は、刃を受けるマットの断面形状を従来の長方形から3角形にした。その効果とは何だろうか。

* A0判とA1判、A1判とA2判、A2判とA3判、A7判とA8判でも同様の関係が成り立つ。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら