[画像のクリックで拡大表示]

枝分かれした形の平らな紙を机の上に置く。すると、一部分が徐々に曲がり始め、15分後にはサッカーボールのような形になった。形状記憶の機能を持った金属や樹脂のように、温度を変化させたわけではない。室温環境下に放置しただけだ。曲がる位置と角度を制御するため、紙の一部分には無色透明なある物質を加えてある。紙が自ら曲がるようにするため、加えた物質とは何か

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら