写真は、炭素繊維強化樹脂(CFRP)で出来たスピーカーカバー。熱可塑性樹脂であるポリアミド(PA)6に、20質量%の炭素繊維を混ぜたCFRPで成形した。樹脂成形メーカーである東レプラスチック精工(本社東京)が開発した。密度は鋼の1/6で、アルミニウム合金の1/2*1。強度は、引っ張り強さがアルミ合金と、曲げ強さが鋼と同等である*2。肉厚次第だが、うまく造れば金属製スピーカーカバーに対して5割以上の軽量化を実現することも可能だ。と、ここまでは多くの読者の想定範囲だろう。実は、このスピーカーカバーには軽量化を超える付加価値がある。さて、軽さ以外の魅力とは何だろうか。

*1 このCFRPの密度は1220kg/m3

*2 このCFRPの引っ張り強さは195MPaで、曲げ強さが295MPa。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら