コンピューターとロボットを駆使して、一気通貫する新たなものづくりの仕組みの確立に挑む。「同じモノのない世界」を作るのが目標だ。コンピュテーショナルデザインによる設計から、金属加工できる自律制御型ロボットによる製造まで手掛ける。設計から生産のすべてに関わる「デジタルエンジニア」だ。

写真:尾関裕士

 職業は「デジタルエンジニア」です。コンピューターを使った設計や製造・施工を、一気通貫で手掛ける。コンピューターとロボットという道具を使い、ネットワークを駆使して新しいものづくりの実現を目指しています。

 例えば、シミュレーションや数値解析などを駆使して、発注者の条件に最適な設計を実現する手法「コンピュテーショナルデザイン」の活用を支援しています。2017年12月に竣工した岩手県釜石市の「釜石市民ホールTETTO」では、この手法を使ってホールの音響を最適化しました(「特集」参照)*1。舞台上から発する音がホール内の全ての席に均一に届くような天井や壁の形状を、計算で導き出しました。

*1 建築設計はaat+ヨコミゾマコト建築設計事務所、音響設計は永田音響設計。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら