セイコーエプソンは、従来よりも表示性能を高め、小型・軽量化したARグラス「BT-300」を開発した。輝度は2000cd/m2、コントラスト比は10万対1以上、精細度は3415ppiと高い。重さも20%ほど軽くなった。この実現に貢献したのが、独自開発の有機ELパネルである。同パネルを中心に、BT-300に採用した技術について開発者に解説してもらう。(本誌)

 我々は、AR(Augmented Reality)向けヘッドマウントディスプレー(HMD)「BT-300」を開発した。2016年11月に発売する予定である。AR向けHMD「MOVERIOシリーズ」の第3世代品に相当する。最大の特徴は、画質が大幅に向上したことである。画素数は1280×720と多く、精細度は3415ppi、パネル輝度は2000cd/m2と高い。コントラスト比は最小10万対1と非常に高い(表1)。従来機種「BT-200」では、画素数は960×540でコントラスト比は230対1だった。輝度に関しては公表していない。

表1 「BT-300」と「BT-200」の比較
[画像のクリックで拡大表示]

 BT-300は、従来機種より小さくて軽いことも特徴である。重さは69gで、88gのBT-200に比べて20%ほど軽くできた。

 画素数が多く、コントラスト比が高いほど、外界の風景に重ねて見せる映像がよりリアルになる。輝度が高いほど、屋外の明るい場所でも見やすい。小さくて軽いほど、着用時の負担を軽減できる。

 こうした高輝度・高コントラスト、小型・軽量という特徴は、HMDの表示素子に0.43型の有機ELパネルを採用したことで実現した。これまでのMOVERIOシリーズでは、液晶パネルを利用していた。

 2011年に発売したMOVERIOシリーズの初号機「BT-100」の企画当初から、有機ELパネルの適用を検討していた。しかし、幾つかの技術課題があり、第2世代品まで液晶パネルを利用してきた。今回、こうした課題の解決にめどをつけ、採用に踏み切った。

 本稿では、我々が開発・製造している有機ELパネルの詳細について解説し、BT-300の特徴を実現できた理由などを説明する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら