(画像:Getty Images)

前号掲載の前編では、Ethernetが自動車内のネットワークにも浸透し、それに伴い車載ネットワークが「分散型」に変わっていくことを紹介した。後編では、どのようにして分散型ネットワークを構築するのか、その実現方法について解説してもらう。(本誌)

 前編では、車載ネットワーク向けEthernet(以下、車載Ethernet)の高速化や低遅延化が進むと、車載ネットワークはダイナミック(動的)に機能を配置できる「分散型ネットワーク」に移行していく可能性が高いことを紹介した(図1)。分散型ネットワークは、バックエンドクラウドやインターネットの世界では一般的に使われている。そのため、フェイルセーフやリソース管理の点で、既に適応力のあるネットワーク構成になっている。

図1 車載Ethernetで分散ネットワークへ
車載ネットワークは現在、セントラルゲートウエーを中心としたアーキテクチャーが主流だが、今後は「ドメイン階層型」を経て、動的に機能を配置できる「分散ネットワーク型」に移行するとみられる。その実現に不可欠なのが車載Ethernetである。
[画像のクリックで拡大表示]

 後編にあたる今回は、車載Ethernetを用いて、どのようにして分散型ネットワークを構築するのか、その実現方法について紹介したい。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら