UEIとソニーコンピュータサイエンス研究所(CSL)、米WiL社が共同で設立した新会社ギリア(GHELIA)は、「ヒトと人工知能(AI)の共生社会」を実現し、「人類を進化させる」と豪語する異色の企業である。社長はUEIの清水氏、会長はソニーCSLの北野氏。清水氏の型破りな構想を、北野氏がさらに鍛える格好だ。会社設立の経緯から将来のビジョンまで、両氏に存分に語ってもらった。

(写真:加藤 康)
本記事は日経エレクトロニクス2018年2月号、pp.65-69に掲載したインタビュー(Innovator)の拡大完全版です。

――ギリア設立につながった、そもそもの発端は。

北野 宏明(きたの・ひろあき)
1984年、国際基督教大学卒業。1991年、京都大学博士号(工学)取得。1993年、ソニーコンピュータサイエンス研究所入社。2011年、同代表取締役社長。2016年よりソニー執行役員コーポレートエグゼクティブ。2009~2011年、国際人工知能学会(IJCAI)会長。2001年4月、システム・バイオロジー研究機構を設立、会長を務める。2017年、ギリアの取締役会長に就任(現職)。(写真:加藤 康)

北野 我々(ソニーCSL)の側では、平井(一夫氏)が(2012年4月に)社長になってすぐにスタートした、ネットワークサービスの新事業を作るプロジェクト(NWS@CSL)がありました。ソニー・グローバルエデュケーション(SGED)の設立などにつながったものです。そのプロジェクトで、最初のラウンドは社内オーディションから出た事業のインキュベーションをしましたが、第2回目のラウンドは社外とも組もうということになったのです。

 そのころに、YouTube上に流れているよく分からない動画(2012年末から順次公開された、UEIのタブレット端末「enchantMOON」のプロモーションビデオ)を見たんです。「何だこれは」と。「タブレット作ってて、全部手書きみたいだけど、何これ」とか言って。それで、(清水氏に)メールを出したか、メッセージを送ったのです。

 そのときは「今は、enchantMoonを作っている最中で忙しい」というタイミングでしたが、代官山でプロトタイプを触る会(2013年5月25日の「enchantMOONタッチ&トライイベント」)を行うというので、土曜日に僕と(ギリア 取締役副社長の)齋藤(真氏)ともう一人で、イベントが始まる前に行って、すごく早い時間に会いました。近くの目立たない喫茶店かどこかで話をして、一緒にやるとしたらどうする、というプランを相談し始めたんです。

 その後、「コンピューターをどう変えるか」のようなことを、しばらく清水さんとCSL側で議論しました。ソニーCSLがあるビルの5階に、SGEDなども使っていたNWS@CSLのインキュベーションスペースがあって、そこで密かに始めたんです。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら