iQOS Pocket Chargerの基板。16ビットマイコンの「MSP430F5524」、バッテリー制御ICの「TPS63020」など主要部品の多くが米Texas Instruments(TI)社製(写真:フィリップモリスジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 米Philip Morris International社の電子たばこ「iQOS」(アイコス)は、特殊加工したたばこの葉を詰め込んだ専用カートリッジ「ヒートスティック」をヒーターで熱して、そこから発生する蒸気でたばこの香りや味を楽しむ電子たばこだ。ヒートスティックを差し込んで吸引するための「iQOS Holder」、iQOS Holderを充電するための「iQOS Pocket Charger」で構成される。一見単純な瞬間湯沸かし器のような製品だが、そこには16ビットマイコンを含め数百個の電子部品が使用されている。

iQOS Pocket Chargerの基板。16ビットマイコンの「MSP430F5524」、バッテリー制御ICの「TPS63020」など主要部品の多くが米Texas Instruments(TI)社製(写真:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら