(撮影:Intex Technologies社)
[画像のクリックで拡大表示]

 インドのスマートフォン(スマホ)メーカーであるIntex Technologies社は、MWC 2014でFirefox OSを搭載した33米ドルの激安スマホを発表したことで有名である。今回紹介する「Aqua Lions 4G」は名前の通り4GのLTEを利用でき、価格を100米ドル以下に抑えた同社の主力端末である。世界第2位の人口を抱えるインドは、スマホの成長をけん引する新興市場として期待されている。しかし、インドで販売されているスマホの多くは中国ブランドであり、肝心のインドメーカーのシェアは全滅に近い。Intex社はその中で、ファブレス半導体ベンダーである中国Spreadtrum Communications社の協力を得ながら低コスト端末の開発に取り組んでいる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら