大学と産業界の関係の再定義が始まった。東京大学総長の五神 真氏は「産学連携から産学協創へ」というスローガンを掲げ、研究開発の現場同士ではなく、企業と大学のトップ同士がビジョンを共有し、トップダウン的に連携を進めようとしている。従来の産学連携との相違点は以下の3点。

(1)社会課題を共有し、ビジョンの創出から研究開発、社会実装まで、一貫して協力すること。

(2)人材・技術・知識を、研究室・学部・文理の違いを超えて集め、多角的な課題解決に取り組むこと。

(3)人材の交流を深め、双方の人材のレベルを引き上げること。

 産業競争力を高める上で産学連携が効果的に機能した例は、世界中にある。今回のテクノ大喜利では、「本気の産学連携を考える」と題して、日本の産学連携のあるべき姿について論じていただいた。

表1 「本気の産学連携を考える」をテーマにしたテクノ大喜利での回答
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら