AIの活用を見据えて、先進的ユーザー企業と大手ICTベンダーが進める実証実験からAIの効果的な使いどころがハッキリとしてきた。「熟練者の属人的知恵である『暗黙知』の扱い、複雑に絡み合う数多くの要因の『擦り合わせ』など従来ICTが踏み込めなかった領域で、効果が最も大きい」という。

 ちょっと待って欲しい。「暗黙知」と「擦り合わせ」は、日本の製造業の強みの源泉ではなかったか。

 ものづくりには、「暗黙知」に基づく「擦り合わせ型」と、システム化が可能な「形式知」による「モジュール型」がある。製造業でのAI活用は、情報システムで複雑な要因を擦り合わせて開発や生産の効果と効率を最大化する、新機軸のものづくりの台頭を予感させる。今回は、AI時代の製造業の強み、特に日本企業の強みを中心に議論した(表1)。

表1 テクノ大喜利「AIで崩壊?ニッポンの製造業」をテーマにしたテクノ大喜利での回答
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら