生誕10周年を記念して2017年11月に発売された米Apple社の「iPhone X」。同社が「スマートフォンの未来形」と語る製品はいかなるものか。日経エレクトロニクスは研究者・技術者の協力を仰ぎながら、実機を分解・分析。その結果を解説する。

 「まさかこんな風になっているとは」。米Apple社の「iPhone X」の分解に携わった技術者たちの多くが、驚きを隠さない。それは、エレクトロニクス業界でささやかれていた「予想」とは異なる結果が明らかになったからだ。その箇所は大きく4つ。メイン基板と有機ELディスプレー、画面を指で押す力の強さを判別する感圧センサー、顔認証機能「Face ID」用のセンサーである(図1)。

図1 iPhone Xに4つの「予想外」
iPhone Xを分解・分析したところ、メイン基板や有機ELディスプレー、感圧センサー、顔認証用センサーで、業界内の「予想」とは異なる結果になった。(写真:陶山 勉)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら