くにゃくにゃと曲がり、絆創膏のように皮膚に貼って使える──。印刷プロセスで作るそんな“フレキシブル体温計”を、東京大学大学院 工学系研究科 特任助教の横田知之氏と同教授の染谷隆夫氏らのグループが開発した(図1(a))。

図1 印刷プロセスで作製
ポリマーPTCと呼ぶ材料を使い、フィルム基板上に印刷プロセスで作製する。厚さは約15μmと薄く、しなやかに曲がる。(写真(b):東京大学)
[画像のクリックで拡大表示]

 薄くしなやかなプラスチック製の温度センサーを印刷プロセスで作製し、生体組織に貼り付けて表面の温度分布を測ることに成功。赤ちゃんの体温をモニタリングするといった、ヘルスケアや医療、福祉分野などへの応用を想定している。

 日経デジタルヘルスの2015年11月のページビュー(PV)ランキングでは、この開発成果に関する記事が第2位に入った(表1)。

表1 日経デジタルヘルスに掲載した記事の2015年11月のPVランキングトップ10
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら