electronica 2016では、この展示会のお家芸とも言える、産業機器向けのハイエンドの半導体や電子部品などが数多く発表・展示された。高性能・高信頼性をウリモノにして、FA機器や医療機器、サーバー、通信装置などへの搭載を狙う。

産業用コネクターで日独の大手がタッグ

 「Industry 4.0」を合言葉に工場のIoT化が叫ばれており、ネットワークの中核をなす産業用Ethernetにも、変化の波が押し寄せている。これを受け、部品メーカーが産業用Ethernetに向けた、新たな製品を披露していた。

 例えば、欧州の大手コネクターメーカーであるドイツHARTING社は、産業用Ethernetに向けた新しいコネクター「ix Industrial」と「M8 D-coded」、「T1」を出展した(関連記事)。中でも力を入れてアピールしていたのは、ix Industrialである。ヒロセ電機との共同開発品である。今回のelectronicaではHARTING社ブースで記者会見を開催。同社 Chairman of the BoardのPhilip Harting氏とヒロセ電機 代表取締役社長の石井和徳氏が登壇し、ixに対する期待を述べた。

左がHARTING社のPhilip Harting氏、右がヒロセ電機の石井氏(写真:日経エレクトロニクス)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら