electronica 2016におけるIoTのトレンドは、「認知から採用」である。初日に催された、複数のCEOが参画した討論会「CEO Roundtable」では、2年前の討論会と同じく、IoTがテーマになっていた。2年前には「IoTとか何か。そのメリットは何か」を議論したという。2年を経て、IoTによってつながる世界が訪れることは広く認知されたとする。そこで今回は、つながった世界を守るために必要なセキュリティーを中心に議論された(関連記事)。「IoT実用化のカギはセキュリティーが握る」というのが、この討論会の結論だった。

CEO Roundtableの壇上 (写真:日経エレクトロニクス)
[画像のクリックで拡大表示]

 セキュリティーと共に、IoTの実現に重要な技術が通信である。ただし、今のところは、どちらも、「IoTシステムを構築する際の障壁だ」との指摘があったのが、オランダNXP Semiconductors社が報道機関向けに開いた討論会である(関連記事)。「10年前には工場では誰もセキュリティーを気にしていなかった」(Offenburg University in GermanyのAxel Sikora氏)というように、セキュリティーや通信などの専門家がIoTシステムを構築したい現場にいないことは珍しくない。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら