次世代の自動車内のネットワーク「車載Ethernet」。その最新成果が集まる国際会議が、2016年秋にフランス・パリで開催された。今回のトピックは、低コスト化を狙った10Mビット/秒や高速化を目指した数Gビット/秒という、新しい車載Ethernetの議論が始まったこと。加えて、車載Ethernetに取り組む半導体メーカーの姿勢や顔ぶれに変化が出てきた。

 自動車業界において、車載Ethernetの採用や普及促進、標準化にとりわけ力を入れてきたドイツBMW社。車載Ethernetの旗振り役と言える同社が今、強い関心を寄せているのが10Mビット/秒や数Gビット/秒の車載Ethernetである(図1)。2016年秋に開催された車載Ethernet関連の国際会議「2016 IEEE-SA Ethernet & IP@Automotive Technology Day(以下、E&IP@ATD)」のパネルディスカッションでは、同社の車載EthernetにおけるキーパーソンのKirsten Matheus氏がモデレーターを務め、数名の登壇者たちと議論した。

図1 仕様や半導体メーカーの顔ぶれに変化
車載Ethernet関連の国際会議「2016 IEEE - SA Ethernet & IP@Automotive Technology Day(以下、E&IP@ATD)」が、2016年9月に開催された。同会議では、10Mビット/秒や数Gビット/秒という、新しい仕様の車載Ethernetの議論が始まった。加えて、半導体メーカーの車載Ethernetに取り組む姿勢や、同メーカーの顔ぶれにも変化があった。「Ethernet AVB」の次世代仕様「TSN」を利用した実用的なデモも出てきた。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら