予約が殺到し、発売前から人気だった米Sony Interactive Entertainment(SIE)社のVR(Virtual Reality、仮想現実感)用ヘッドマウントディスプレー(HMD)「PlayStation(PS)VR」が、2016年10月13日に発売された。本誌は本体の分解と、開発者のインタビューを通じて、ハードウエアの設計思想や実装の工夫に迫った。

 「誰にでも簡単に使えて、身に着けやすく、長時間装着しても疲れにくい。この目標を実現するため細かな部分にまで気を配った」 ─。米SIE社のEVP(ハードウェアエンジニアリング & オペレーション)で、日本法人ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE) 取締役副社長の伊藤雅康氏は、PS VRの開発指針をこう語る。

 同社がVR用HMDの開発を公にしたのは2014年3月。それからさまざまな改善を施し、2016年10月13日に製品を発売した。公表から発売までの約2年半という期間は、それだけ力を入れて開発した証左と言える。

 公表された当初は「Project Morpheus(プロジェクトモーフィアス)」という開発コード名で呼ばれ、既に試作品があった。この試作品を、さまざまなゲーム開発者に試してもらい、フィードバックを集約。それらを反映して作り上げたのが、PS VRである。そのハードウエアは「以前の試作機とは別物で、製品化に向けて一から作り直した」(SIEハードウェア設計部門 メカ設計部 4課 課長の荒木孝昌氏)という。

 VR事業は、SIE社を含めたソニーグループ全体で総力を挙げて取り組む中核事業。それだけに、失敗は許されない。その覚悟を表したかのように、PS VRのハードウエアには、手間とコストをかけて、実にさまざまな工夫が施されていた。

 それらは3つに大別できる。ユーザーの利便性を高める工夫、装着性を向上する工夫、映像の表示性能を高める工夫である。本稿では開発者への取材を通じて明らかになった、これらの工夫の詳細を取り上げる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら