高精度の画像認識などを可能にするディープニューラルネットワーク(DNN)を組み込み機器でも利用しやすくする環境の整備が始まった。深層学習フレームワークと呼ぶ開発環境をさまざまなハードウエアに対応させる仕組みや、開発したDNNをC言語に変換するツールなどが続々と登場。大手からベンチャー企業まで、特色ある提案が相次いでいる。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら