ロボット向けソフトウエアフレームワーク「ROS」を開発した米Willow Garage社。2014年に事業を停止した同社の出身者が起業したスタートアップがまた現れた。米サンフランシスコに本拠を置き、2015年11月に初めての製品となる小売店向け在庫確認ロボット「Tally」を発表した米Simbe Robotics社だ。

 倉庫での商品ピックアップロボット「Fetch」を2015年4月に発表した米Fetch Robotics社も、Willow Garage社出身者が起業したスタートアップだった。Willow Garage社で経験を積んだ技術者が、各産業に特化したロボットをリリースするのが、シリコンバレーのロボット業界の新たな流れになるかもしれない。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら