米Amazon Web Services(AWS)社、米Google社、米Microsoft社の大手クラウド事業者3社が、それぞれ異なるディープラーニング(深層学習)フレームワークをユーザーに推奨する構図が明白になった(表1)。

表1 Google、Microsoft、Amazon Web Servicesが推す深層学習フレームワーク
[画像のクリックで拡大表示]

 AWS社は2016年11月、米CarnegieMellon University(CMU)などの研究者が開発するオープンソースソフトウエア(OSS)の深層学習フレームワーク「MXNet」を「AmazonWeb Services」の「推奨フレームワーク」にすると発表した。秋にはMXNetの主要開発者だったCMUの博士課程学生のMu Li氏と、Li氏の指導教官でMXNetの開発アドバイザーのAlex Smola教授が共にAWS社に移籍。同社がMXNetの開発に積極的に関与する姿勢を示した。

 競合ではGoogle社が2015年9月に「TensorFlow」、Microsoft社も2016年1月に「Microsoft Cognitive Toolkit(CNTK)」をOSSとして公開。前者はTensorFlowの商用クラウドサービス「Cloud Machine Learning」を2016年9月に始めている。

 AWS社はなぜMXNetを選んだのか。同社でAI(人工知能)担当General Managerを務めるSwami Sivasubramanian氏(図1)に聞いた。

図1 Swami Sivasubramanian氏
米Amazon Web Services社、AI担当General Manager。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら