ROSベースのロボット向けクラウド基盤を開発していたドローンベンチャーのRapyuta Robotics社1)が、ついに製品を投入する。2018年に同社のクラウド基盤「rapyuta.io」を用いた月額制のドローンサービス「c.drone」の販売を開始する。独自開発したドローンの機体(図1)、ドローンを自律飛行させるためのクラウドシステム、ドローンの離発着や格納、充電のためのポートなどをセットにし、警備や屋外インフラの点検、測量といった用途向けにユーザー企業に提供する。月額費用は60万〜70万円を想定。既に造船メーカーなどが自社の造船所内の備品の点検・監視などに試験利用している。2018年中に100台の導入を目指す。

図1 Rapyuta Robotics社のドローン
離発着や充電用の格納庫を用意した。屋外に設置し、自動で離発着できる。
[画像のクリックで拡大表示]

 c.droneは、格納庫内にドローンを収納しておき、全自動で離発着させる機能を持つ。1日に3回程度飛行させ、空撮などを行う。経路計画・設定や映像伝送などの機能をブラウザー上から利用できる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら