ここ数年、自動車ショーと見間違うかのような展示でにぎわう「CES」。2018年も話題の中心は自動車だ。その自動車を含むモビリティーの電動化・自動化が、メーカーの事業モデルを揺さぶっている。AIスピーカーは今回も話題をさらった。ただし主役は中国だ。テレビではマイクロLEDディスプレーが注目を集めた。

 「プラットフォーマー」と呼ばれるIT企業が、エレクトロニクス業界や自動車業界を支配する。そんな論調に対抗するかのような動きを自動車メーカーや電機メーカーが見せた。エレクトロニクス分野の展示会「CES 2018」(2018年1月9~12日、米国ラスベガス市)で、トヨタ自動車、ホンダ、パナソニックがハードウエアも組み合わせた「プラットフォーム」を相次いで提案した。次代の事業モデルを模索する動きと言える。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら