製造業/ハイテク産業に携わる技術者・研究者の方々に向けた総合情報サイト「日経テクノロジーオンライン」の記事からピックアップして掲載しています。記事の情報は掲載時のものです。

【技術】JLRグループ、2020年から全モデルを電動車両へ

 英Jaguar Land Rover(JLR)グループは2017年9月7日、同社が開催するイベント「Tech Fest 2017」で、2020年から販売する全モデルを電動車両にすると発表した。電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHEV)、マイルドハイブリッド車(HEV)が含まれる。同社初のEVとなる「Jaguar I-PACE」は、2018年に発売する予定だ。

 同展示会では、未来のモビリティーに関する講演やバーチャルコンセプトの発表などがあった。同グループは、将来的には自動運転(Autonomous)と接続(Connected)、電動化(Electric)、共有(Shared)が進んだクルマ社会になると考えている。しかし、こうした社会になっても運転を楽しみたい人はいる。そのため「インテリジェントで接続性の高いステアリングホイール」という概念を考えた。

 未来社会に合わせたコンセプト車が「FUTURE-TYPE」である。2040年以降のモビリティーを探求した。同コンセプト車は、「2+1」のセミタンデムシートを備えた細長いボディーで、都市部で運転や駐車がしやすい形状という。渋滞時や信号の多い市街地などでは完全自動運転、郊外や高速道路などではステアリングを装着してドライバーは運転を楽しめる。 (櫛谷さえ子)

【新車】Audi「Q5」を全面改良、60kg軽量化で11%燃費向上

 ドイツAudi社の日本法人は2017年9月20日、SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)の主力モデル「Q5」を8年ぶりに全面改良したと発表した。同年10月2日から日本で販売を始める。

 先代モデルに比べて約60kg軽量化。JC08モード燃費を11%向上させて13.9km/Lとした。価格は657万円(税込み)からで、2018年に3000台の販売を目指す。高排気量エンジンを搭載して出力を上げた高性能モデル「SQ5」も用意する。

 車両全体の約60kgという軽量化のうち、1/3にあたる約20kgがホワイトボディーの刷新によるもの。アルミニウム(Al)合金の使用比率を増やしたことが大きく貢献している。

 フロント・クロス・メンバーに押し出し成形のAl合金を採用した他、インストルメントパネル(インパネ)下のモジュール・クロス・メンバーにもAlシート材とAl合金を組み合わせて適用した。ボンネットやテールゲートにもAl合金を使用している。

 フロント・サスペンション・トップの周辺部品には、一体成形のアルミ鋳造材を採用。四つの鋼材部品を組み合わせていた先代モデルに比べ、部品点数を減らして軽くできた。 (窪野 薫)

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら