【新車】スーパーSUV「ランボルギーニ・ウルス」、最高速は305km/h

[画像のクリックで拡大表示]

 イタリアの高級スポーツ車メーカーであるランボルギーニ(Lamborghini)の日本法人は2018年2月6日、スーパーカーとSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)を融合させた「ランボルギーニ・ウルス」を日本で初披露した。

 ランボルギーニブランドとしては「アヴェンタドール」、「ウラカン」に続く第3のモデルであり、SUVとしては「LM002」に続く2車種目となる。スーパーカーの性能を持ちながら、家族が日常的に利用できる4~5人乗りSUVとすることで、顧客層の拡大を目指す。日本での価格は2574万円(税別)。2018年春の出荷を予定する。

 同社初となるターボエンジンを搭載した。排気量4.0LのV型8気筒で、最高出力はSUVではクラス最高となる478kW、最大トルクは850N・mを実現した。2250rpmの低回転数から最大トルクを出せるため、オフロード走行時の応答性を高められるという。パワーウエイトレシオは3.38kg/hp(4.60kg/kW)であり、0-100km/h加速は3.6秒、0-200km/h加速は12.8秒である。最高速度は市販SUVの中で最高となる305km/hを達成した。8速AT(自動変速機)を組み合わせる。車両質量は2200kgである。 (木村雅秀)

【新車】5人が車内で寝られる「ベンツ」、日本上陸

[画像のクリックで拡大表示]

 ドイツ・ダイムラー(Daimler)の日本法人であるメルセデス・ベンツ日本は2018年2月2日、キャンピングカーのように使える7人乗りの多目的ミニバン「V220 d Marco Polo HORIZON」を発売し、「ジャパンキャンピングカーショー2018」(2018年2月2~4日、幕張メッセ)で披露した。快適な車中泊を追求し、最大で5人が横になって寝られるのが特徴。このような車両を同社が日本で発売するのは初めて。車両価格は846万円(税込み)。

 既存のミニバン型の車両グレード「Vクラス」に機能を追加して実現している。快適な車中泊や車内空間を実現したポイントは三つ。屋根の部分が開いて寝室のような空間になる「ホップアップルーフ」、後席部分がすべて水平になる「フルフラットシート」、そして、最大で230度回転可能な運転席と助手席である。

 車両寸法は全長5140×全幅1928×全高1980mmと、トヨタ自動車のミニバン「アルファード」と比べて全長は195mm、全幅は78mm大きい。欧州や北米と比べて幅が狭いとされる日本の道路を安心して走るために、安全装備を充実させた。今回は「レーダーセーフティーパッケージ」を標準搭載した。 (窪野 薫)

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら