プレス向けでは2017年11月29〜30日、一般向けでは同年12月1〜10日に開催された「2017 Los Angeles Auto Show」(LAモーターショー2017)。環境対応車の販売促進を狙いとする米国カリフォルニア州の「ZEV規制」が2018年モデルから強化されることもあり、同ショーの目玉は環境対応車との本誌の予測に反し、多くの自動車メーカーが目玉としたのはSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)だった。

 トヨタ自動車の「トヨタ」ブランドと高級車ブランド「レクサス」、日産自動車の「日産」ブランドと高級車ブランド「インフィニティ」、米Ford Motor社の高級車ブランド「リンカーン」、欧米Fiat Chrysler Automobiles(FCA)社の4輪駆動車ブランド「ジープ」、三菱自動車、韓国Kia Motors社、SUBARU、韓国Hyundai Motor社──。これらが今回、SUVを目玉とした自動車メーカー・ブランドだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら