センサーコストの上昇を抑えながら2020年以降に、SAE(米自動車技術会)が定める「レベル3」の自動運転の実現を目指す──。日立オートモティブシステムズが十勝テストコースで2017年11月に開いた技術試乗会で、こうした同社の戦略が見えてきた。その取り組みの具体例として自動バレー駐車や、緊急時に自動停止するデモを見せた。

 同社が技術試乗会で公開した実験車は、日産自動車「フーガ」のハイブリッド車(HEV)をベースに開発したものである。センサーの構成を見ると、フロントウインドー上部の室内側に、ステレオカメラを搭載した(図1)。

図1 実験車の前部
長距離と中距離のレーダーは77GHz帯の製品、ステレオカメラはスズキ向け製品の次世代版である。
[画像のクリックで拡大表示]

 フロントグリルの中央には長距離レーダーを1個、フロントバンパーとリアバンパーには合計4個の中距離レーダーを搭載した(図2)。左右のドアミラーと前後バンパーには、合計4個の単眼カメラを取り付けた。ドアミラーには、電子ミラー用の単眼カメラも付いている(図3)。これらのセンサーで、車両の全周囲を監視する。

図2 実験車の後部
ナンバープレート上部に単眼カメラを、後部バンパーの左右に中距離レーダーを取り付けた。
[画像のクリックで拡大表示]
図3 ドアミラーに取り付けた単眼カメラ
車両の側方を監視するカメラに加えて、後方を監視する電子ミラー用のカメラも搭載した。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら