ステアリング大手のジェイテクトが、100℃を超える高温環境下で使えるリチウムイオンキャパシターを開発した(図1)。自動運転の開発が加速する中、各種電源を冗長化する補助電源として使う。2006年から研究開発を進めてきたものがいよいよ花開く。2019年に量産を開始する予定で、早ければ2021年には開発品を搭載する車両が登場する。

図1 沸騰した湯にも耐えられる
(a)ジェイテクトが開発したリチウムイオンキャパシター。容量は500Fで、2019年に量産を開始する。(b)耐熱性の試験として開発品を沸騰水に入れても、ミニカーに動作電源を供給し続けた。
[画像のクリックで拡大表示]

 リチウムイオンキャパシターの普及を阻んできた耐熱性の課題を、ジェイテクトが解決した。開発品は動作温度範囲が-40~+85℃と広い。作動電圧は2.2~3.8Vで、上限を3.6Vに抑えて使えば+105℃まで耐えられる。競合品は+70℃で電解液が熱分解して使えなくなる。高耐熱品も存在するが、低温特性が悪い。

 「ものすごい数の引き合いが来ており、大化けする可能性がある。事業の規模感としては、工場が一つや二つでは足りない」。ジェイテクト社長の安形哲夫氏は興奮気味に手応えを口にする。キャパシターの外販を新規事業として大きく育てるため、2017年9月に社長直轄の組織「BR蓄電デバイス事業室」を立ち上げた。

 2018年内にはジェイテクトの国内工場内に生産ラインを構築する。まずは月産2000セル規模で始め、生産技術を確立する。2019年には「月産4万セルまで増やして量産出荷を開始する」(同社BR蓄電デバイス事業室室長の西幸二氏)。2020年には月産8万セルまで規模を拡大させる計画だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら